投稿者: admin

不動産投資のリスクをコントロール

株の投資は、自分で相場をコントロールするのはとうてい無理な話です。でも、不動産投資はそうでもありません。経営努力で何とかなる場合も多いのです。

不動産のリスクというのはどういったものかというと、やはり保有、運用期間のリスクです。

もちろん取得のリスクも大きいですが、保有している機関のリスクは、経営努力でコントロールできます。

でも、相場はコントロールできません。だから、売却時のリスクというのは売却するときのタイミングをコントロールするしかないといえます。

保有期間にいかに努力するかで営業利益が変わってきます。その物件でどんな風に利益を上げるかというのは、やはり最初の調査がものをいいます。

大きな物件の場合は、調査に時間とお金に使うといいます。調査の精度を上げて、リスクをコントロールしていきましょう。

「指定席を作る」

我々人間にも指定席や帰る場所があります。例えばオフィスの自分のデスク、例えば学校の自分の机、例えば自宅、挙げだすときりがありませんが、誰にだってどこかしら指定席があるものです。指定席がなければ適当に、とりあえずここでいいだろうというところに押し込んだりして、そうすると上辺はきれいに見えますが実際ははみ出たりしてしまいますよね。実際の収納と片付けも同じことだそうです。

例えば「子どもだから散らかしてしまう」という事は子どもをもつお母さんの悩みかもしれません。けれどそれは子どものせいではないのです。子どもの部屋の収納などに「指定席」がないから散らかってしまうそうです。散らかっているものを重ねたりまとめたりすれば、一見スッキリしています。けれど子どもが重ねたもののなかから無造作に何かを取り出せば、その重ねたものが崩れたり、もとに戻す位置が変わったりして探しものの原因になってしまいます。

玄関リフォーム

玄関リフォームをお考えのお客さまにとって、便利で快適な暮らしとともにお家の防犯を考えることは必須となってくるようです。また最近では、バリアフリー化を目的とした玄関リフォームへの依頼数も伸びているようです。シルバー世代の方にとってもどの世代のご家族さまにとっても快適な居住空間をお届けできる玄関リフォームを考えていきましょう。玄関には大きく分けて「引き戸」「開き戸」などと呼ばれる仕様がありますが、その他にも「片開き」「親子」などと呼ばれる費用もるようです。玄関はご自宅の「顔」などと表現する方も多いようですが、玄関に求められる役目としては、防犯性、通気性、遮光性、断熱性などが求められてくるようなのです。また高齢者にとっては玄関などのちょっとした段差が、転倒につながることからバリアフリー構造などにもスポットライトが当てられているようなのです。

リビングで迷ってしまう家具の選び方や配置のコツ

住宅を購入した方は、リビングには家族や来客が集まる空間になるので、家具の配置で迷ってしまうことは良くあることです。

まずはドアを開けてリビングに入る際に、遮ってしまう大きなソファーがあると生活動線を良くすることができません。コンパクトな窓ガラスが設置されている場所には、背の低いキャビネットなど収納家具を配置する方法があります。

テレビを置く壁側については壁一面に何も備わっていない場所が適切な配置場所になり、その正面側にソファーを配置することは多くの方が実践していますが、3人掛けのソファーと2人掛けのソファーの2つを設置するには、2人掛けの方は掃き出し窓と反対側に配置する方法で明るい日光を遮ってしまう問題もクリアできるのではないでしょうか。

収納力を増やす家具を購入する際には、空いているリビングの壁面に対してサイズ計測をしっかりと行えば、購入後に邪魔にならずに失敗を防げます。

素敵な部屋にするためのコーディネートのコツ

素敵な部屋にしたいのであれば、コーディネートのコツを知っておきましょう。まず、理想的なカラー比率を理解しておくことが大事です。ベース・サブ・アクセントの割合は70:25:5が良いとされています。

カラー比率が崩れてしまうと、オシャレな色を取り入れているはずなのに微妙な見た目になる可能性が高いです。また、選び方としてはベースはソフトなもの、サブはベースと相性が良いもの、アクセントは引き立てに効果的な色がおすすめだと言えます。

次に、部屋を広く見せる方法も知っておくべきです。背が低い家具を選んだり、床が見えるように工夫したり、鏡を使って奥行きを出したりすると、広々とした印象の素敵な部屋にすることができます。

事故物件とは

事故物件という言葉は多く使われるようになり、映画にもなりました。とは言え、事故物件にははっきりした定義はありません。多くの場合は、建物内の事故死・不審死などで住居者が既に亡くなっている場合を指すそうです。老衰などの死亡であっても、長期間発見されなかった場合なども含まれています。他にも、建物が損傷している場合なども事故物件と言われる事があります。心理的瑕疵物件とも言われており、貸主からそのマンションの入居者に対しては、告知義務があります。住む前に貸主が伝えなかった場合は、損害賠償請求が発生する事も考えられるのです。それだけ、事故物件のイメージが悪い・入居者が少ないという事が分かります。住む前の段階から事故物件かどうかは伝えられますので、気になる場合にはチェックしておきましょう。

60㎡台マンションに人気が集まる

最近の都心のマンションは、「レジデンス」と呼ばれる高級マンションがある一方で、単身者などに好まれる1LDKとその中間となる若いカップルに好まれる60㎡台のマンションという3極化が主流となっているように見えます。2016年調査で60㎡台のマンションが、資産性を示すとして知られる「マンションPER」が「30~50㎡未満」の物件に次いで良いという結果が公表されています。新築マンション自体でも間取り構成が多様化し、「1LDK~3LDK」という物件をよく見受けられるようになってきたのも、その表れと言えるでしょう。都心では、一等地には「レジテンス」の建設が進み、都心でも割安感のある下町情緒あふれるエリアには60㎡台のマンションが散在される傾向があり、環境が良く将来性のある60㎡台マンションを如何に上手に探せるかがポイントと言っていいかもしれません。

マンションは資産価値が高いことがひとつのメリットです

マイホームを購入するとそれが自分の資産になりますが、長い間使う物であるため、出来る限り価値の高い住まいを手に入れたいと思うものです。このような中で、マンションは一戸建てと比べた場合には、資産性に優れていると言えるでしょう。なぜこのようなことが言えるのかと言うと、耐用年数が長いことが一つに挙げられます。法律では法定耐用年数と呼ばれるものが設定されていて、木造住宅はその年数が22年ですが、鉄筋コンクリート造のマンションは47年となっています。つまりマンションは築50年近くになるまで、価値があると判断されるのです。またどのような人にとっても住みやすい間取りや仕様になっていることから、将来売却や賃貸がしやすいことも魅力のひとつです。

マンションの中でも価値の高いプレミアムマンション

マンションを購入するなら、プレミアムマンションをお勧めします。もちろん、すべての人が購入できるわけではありませんが購入するのであればプレミアムマンションなら価値が下がらないのがメリットです。プレミアムマンションに絶対に必要なのが、便利な立地になります。

例えば千代田区や港区といったエリアにあり、更に駅から徒歩で至近の場所にある物件は時を経ても価値が下がりにくいです。こうした物件は、自分で住むというよりは投資向けになりますがもちろん自分で住んでも良いですし賃貸に出せば収益が長く見込めます。駅から離れているマンションは、どんなに豪華でも価値が下がりやすく売る時にも貸す時にも苦労しますので注意が必要です。

高級賃貸は快適な生活を送る機能が満載

高級賃貸は多くの人が憧れる住まいと言うイメージがありますが、実際に様々な点で非常に便利な仕組みが整っているのが特徴です。立地が良くその眺望も良いところが多く、さらに日常生活でも不便さを感じない様々なサービスが行き届いているのが特徴となっています。特に忙しいビジネスマンが進むには非常に快適なものとなっており、ゴミを毎日出すことができるばかりでなく、クリーニングサービスがあったり、フロントが設置されており来客の受付や様々な手続きなどを行ってくれるなど、至れり尽くせりのサービスが整っていることがポイントです。そのため、自宅で快適に過ごしたいと言う人にとっては、非常に魅力的なものとなっているのが高級賃貸の最も大きな価値となっています。